ヨガティーチャーリーダーシップトレーニング


【ヨガティーチャーとして、最大限魅力を発揮するためのリーダーシッププログラム】

自信をつけるために哲学や解剖学といった専門知識を深めたり、ティーチングテクニックを学んだり、シークエンスバリエーションを増やすことなどインプットに目を向けてしまいがちですが、ブレないポジショニング、統率力、影響力、思いやりや配慮、知的な刺激を与えるなどリーダーとしての資質を磨くこともヨガティーチャーとして大切な要素のひとつです。

常にヨガティーチャー自身が成長と自己確認を意識する機会を作ることで、高いパフォーマンス(指導力)を発揮することが可能になります。それはヨガティーチャーのキャリアや知識量とは全く別の話です。例えば…ヨガ指導が長いからリーダーシップが発揮出来るという訳ではなく、経験が浅くても人を惹き付け、生徒の可能性を伸ばすことは十分出来るのです。

あなたはヨガティーチャーになる以前に、人に何かを伝えたり、教えたりした経験がありますよね。人生を切り分けて考えるのではなく、人生経験のすべてを生かしてリーダーシップを発揮していくことを学びましょう。

はじめに…あなたがリーダーシップを発揮するためには言動が一致している必要があります。人を導くためには、一貫性のある言動一致が非常に重要です。プログラム前半では『自分が自分自身のリーダーとなり、目指す方向へと導く』ための自己確認、言語化、アウトプットに撤します。

この時点で自己認識を十分に深め、自分のことがよくわからないという状態から脱しましょう。そして自身の可能性に常に貪欲で、オープンでいることを楽しみましょう。

プログラム後半では、ティーチング(指示や指導)とコーチング(質問や考えを問うこと)の違いを学び、繰り返し実践していきます。トレーニング最終段階ではこの2つの手法をミックスし、効果的に使いわけられるな力を身に付けます。生徒さんを飽きさせないようにとか、楽しませるためにと、常に新しいシークエンスを考え、提供することに労力を使う必要はありません。私達は振り付け師ではないのですから。

また焦って哲学を詰め込んだり、ハンズオンアジャストを身につける必要もありません。初心者クラスであれば、バーバル(口頭)でのアジャストとデモンストレーションで十分導くことは可能ですし、むしろその方が安全で効果的だったりします。

それより、今自分が持っている知識と経験を最大限生かして、生徒さんの可能性を引き出すことに力を注ぎましょう。私自身、行動心理学と脳科学に基づいたリーダーシッププログラムを学び、実践したことで、指導力と影響力を飛躍的に高めることが出来ました。リーダーシップトレーニングを通じて、生徒の可能性を最大限引き出せるようなヨガティーチャーを目指しましょう。そして何より自身の可能性を開けることにワクワクし、チャレンジを楽しみ、自他の潜在能力開発を楽しみましょう!

期日: 10/6(日)、20(日)、11/3(日)、24(日)

時間: 13:00~17:30

参加費: 98,000円(税込)

対象者:既にインストラクターとして活動している方、これからインストラクターデビューされる方

内容

◯リーダーシップの資質について
◯求められるヨガティーチャーの要素
◯生徒の多様性を活かしたクラス展開
◯EQとIQについて
◯自分自身を導く
◯ヨガティーチャーのマインドセット
◯ティーチングとコーチングの違い
◯ティーチングのポイント
◯場づくり、クラス環境を整える
◯生徒を受け入れる姿勢
◯目線を合わせる
◯引き出す
◯枠を拡げる
◯勇気づける

指導現場ですぐに活かせるよう、論理に基づいたワークを繰り返し実践する反復型トレーニング

お申し込み:  

宛に件名『リーダーシップトレーニング』としお名前、携帯番号、指導年数をご明記の上、お申し込みください。